ピアノのお悩み解決!アクセントをつけたいとき

目安時間:約 3分

アクセント(その音を特に強く)をつけたいときは

どのように弾けばよいでしょうか?

 

色々な弾き方がありますが

ここではその中の一つをお伝えします。

 

前回、大きい音で弾きたいときのコツをお伝えしました。

 

今回は、すでに大きい音で弾いていて

さらにアクセントをつけるときの方法です。

 

 

音を出すときに少しだけ手首のバネを使います。

 

音を出す瞬間に手首を少しだけ(5ミリぐらい)

ピアノ側に向けます。

 

そして、クッと締めて動きを止めます。

 

素早い動作なので、この動きと音を出すタイミングが重要です。

 

タイミングが合うと、アクセントがつき

より強い音が出せます。

 

これ以外の方法もありますが

いっぺんに色々言ってしまうと

わからなくなってしまいますので

ひとつずつお伝えしますね。

 

それはまた別の機会に…。

 

 

以上、「アクセントをつけたいときの弾き方」

についてお伝えしました。

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

 

 

 

只今、当教室では

生徒さんを募集中です。

 

アクセントのつけ方がちゃんとできているのか

ご自身でよくわからない方、

レッスンを受けてみませんか?

 

教室に通えないという方は

オンラインレッスンも承ります♪

 

お問合せはこちらからお願いします。

 

 

おんがくでじん

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: