ピアノのお悩み解決!合唱の伴奏のコツ⑥本番中ピンチでも止まらない方法

目安時間:約 4分

【本番中ピンチになっても止まらない方法】

 

練習でうまく弾けていても、

本番で緊張してしまい思うように弾けなくなってしまうことってありますよね。

 

でも、伴奏が止まってしまっては歌が歌えなくなってしまいますので、

なんとしても止まるわけにはいきません。

 

そこで、もし本番中、急に

やばい!

ということになってしまったら、

この対処法で切り抜けましょう。

 

それは

 

とりあえず左手だけは弾き続ける

 

です。

 

それすらもダメというときは

バスの音だけでも弾きましょう。

 

バスが鳴っていれば

とりあえず急場はしのげます。

 

そして入れるところから

右手が入っていけば大丈夫です。

 

ピアノ伴奏が無音になってしまうことは避けたいですからね。

 

動画がよい方はこちらからどうぞ。

 

 

 

もちろん練習したとおりに弾けることが一番良いですし

きちんと弾けるように練習するわけです。

 

それでも緊張してしまった時の対処法として

左手だけは弾き続ける!

ということを頭の片隅に置いておけば

いざというときのセイフティネットになります。

 

緊急措置としてできるようにしておけば

安心ですね。

 

 

 

以上、

本番中ピンチになっても止まらない方法について

お伝えしました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

 

 

 

 

ピアノ・エレクトーンを弾けるようになりたい方、

ぜひ始めてみませんか?

 

ご希望の方はオンライン・レッスンも可能です。

 

無料お試しレッスンもできます。

 

お気軽にこちらからお問い合わせください。

 

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

 

秋田県にかほ市金浦

よこやま音楽教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: