ピアノのお悩み解決!合唱の伴奏のコツ⑨出だしを落ち着いて弾く方法

目安時間:約 3分

【出だしは一番集中力を使います】

 

出だしの練習をしましょう。

 

それは、指揮者がいるつもりで

指揮者の方を見て、始める、それだけのことです。

 

遠くの指揮者を見てから近くの楽譜を見ると

目の焦点が合いにくかったりして

ドキドキしてしまいます。

 

でも、その練習をしておけば

わりと本番でも落ち着いて弾けます。

 

私が合唱の伴奏をさせていただいていて

一番集中するのは出だしです。

 

なぜかというと、

ソロの場合は自分のタイミングで

自分のイメージを作ってから演奏を始められますが、

合唱の場合は指揮者がいて

自分一人のタイミングでは始められないからです。

 

そして、いつも同じテンポで振ってくれるとは限らないのです。

 

動画がよい方はこちらからどうぞ♪

 

 

 

最初の音を確かめてから指をその鍵盤に置いておき、

指揮者を見て、弾く

その練習をご自宅でも指揮者がいるつもりで

何回もやってみましょう。

 

きっと本番では落ち着いて弾けると思いますよ。

 

 

以上、

合唱の伴奏のコツ⑨

出だしを落ち着いて弾く方法

をご紹介しました。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

 

 

 

 

ピアノ・エレクトーンを弾いてみたい方、無料お試しレッスンできます。

 

ご遠方の方はオンラインレッスンも承ります。

 

詳しくはこちらからお問い合わせください。

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

 

秋田県にかほ市金浦

よこやま音楽教室

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: