ピアノのお悩み解決!指が転んでしまうときは

目安時間:約 3分

【指が転んでしまうときの解決策】

 

16分音符などの細かい音符を弾くときに

指が転んでしまうことってありますよね。

 

その時の解決方法として、

リズム練習(付点のリズムなど)をするのもよい方法です。

 

でも、リズム練習をしてから

もとのリズムに戻して弾いたとき

また転んでしまうってこともありますね。

 

そういう時は、

 

「最初の音符を長めに感じて弾く」

 

例えばドレミと速く弾く場合だったら

最初のドをテヌート気味に弾いてみましょう。

 

そうすると少しブレーキがかかって

転びにくくなります。

 

「速い音符だ!」と思って焦ってしまって

音をしっかり鳴らし切れていないうちに

次の音を弾こうとすると転んでしまうことが多いです。

 

あまり焦らず、最初の音を長めに感じて弾いてみてください。

 

動画で実演してみました。

 

 

すぐにできる方法ですのでお試しください♪

 

 

以上、

「指が転んでしまうときの解決策」をお伝えしました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

 

 

 

 

只今、当教室では生徒さんを募集中です。

 

ご遠方の方はオンラインレッスンも承ります。

 

お問合せはこちらからお願いします。

 

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

 

秋田県にかほ市金浦

よこやま音楽教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: