ピアノを弾くときの姿勢

目安時間:約 3分

ピアノを弾くときの姿勢についてお伝えします。

 

 

 

 

動画がの方がわかりやすいと思いますので

こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

【イスの座り方】

イスの奥までどっしり座ってしまうのではなく、

そうかといって浅すぎてもずり落ちそうになりますので

イスの半分ぐらいのところに座ります。

 

【足の構え方】

足はぴったりくっつけてしまわず、

内股でもなく、

つま先が外向きになるようにし、

右足は前(一番右のダンパーペダルの前)、

左足はイスの前でも少し後ろでもよいです。

左足の位置は強い音を出したければ後ろにしたリ、

優しい音を出したいときは前に出したりします。

 

【背すじ】

頭のてっぺんから見えない糸で上に引っ張られるようにし、

その糸がふっとゆるんだ感じにします。

背中はそりすぎていてもよくありませんし、

猫背でもよくありません。

 

【腕】

両手を鍵盤の上に構えた時にひじの高さが

鍵盤と同じぐらいかひじの方がやや上ならOKです。

 

 

この姿勢で弾いてみてください。

 

以上、

ピアノを弾くときの姿勢についてお伝えしました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

 

只今、よこやま音楽教室では生徒さんを募集しております。

お問い合わせ・お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いします。

お問い合わせフォーム

後ほどこちらからご連絡させていただきます。

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

 

 

秋田県にかほ市金浦

よこやま音楽教室

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: