ピアノのお悩み解決!アクセントをつけたいとき その2

目安時間:約 4分

アクセントをつけたいけれど

フォルテですでに強く弾いているのに

どうすればもっと強く弾けるの?

と思っている方、お試しください。

 

前回は「手首のバネを使う」という方法をお伝えしました。

 

今回は、さらにそれより鋭い音を出せます。

 

それは、名付けて

「焼き鳥の串奏法!」

 

自分の腕が焼き鳥の串になったつもりで

向こう側に突き刺すように弾きます。

 

なんのこっちゃ?ですね(笑)

 

動画をご覧ください♪

 

イメージはおわかりいただけましたでしょうか?

 

焼き鳥の串になったつもりなので

腕が肩から指先まで一直線になったつもりです。

 

実際にはひじはまっすぐではなく曲げていますが

一直線のイメージです。

 

イメージは大事ですからね。

 

これで弾いてみてください。

 

いかがですか?

 

前回お伝えした、

「手首のバネを使う」時よりも

さらに鋭い音が出ますよね。

 

アクセントという同じものを表現するのにも

微妙にニュアンスの違う音を出せましたね。

 

こういう、ニュアンスの違う音を色々出せるようになると

色彩豊かな演奏ができるようになります。

 

ぜひお試しください。

 

 

 

以上、

「アクセントをつけたいときの弾き方 その2」

をお伝えしました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

 

 

 

 

只今、当教室では生徒さんを募集中です。

 

アクセントがうまくつけられないという方、

単発のレッスンもOKです。

 

ご遠方などで教室に通えないという方は

オンラインレッスンも承ります。

 

無料お試しレッスンもできますので、

ご興味のある方はこちらからお問い合わせください。

 

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

 

 

秋田県にかほ市金浦

よこやま音楽教室

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: