ピアノ初心者のための基礎の基礎2 響く音を出す方法

目安時間:約 4分

【響く音を出す方法】

 

楽に、響く音を出す方法をお伝えします。

 

イメージとしては、卒業証書が入った筒とか、ラップの芯をポンッとたたくときの感じ。

 

そう、中身が空洞の感じです。

 

腕に力を入れてしまうと、ラップの芯の中に砂をぎっしり入れた時のような感じになってしまい、詰まった音になってしまいます。

 

つまり、響かない音です。

 

中身を空洞の感じにするには、腕の力を抜きます。

 

音を出すときに

 

打鍵したらすぐにフッと力を抜く

 

これです。動画はこちら

 

 

 

 

 

つまり、

①前回お伝えした方法で打鍵する

 

②ふっと腕の力をさらに抜く(力を入れて打鍵するわけではありませんが)

 

これだけです。

 

ただし、フッと力を抜いたときに鍵盤がふわふわと上がってきてしまうのはNGです。

 

力を抜いた方が指先に腕の重みがかかりやすいので、うまく力が抜けていれば鍵盤は上がってきません。

 

打鍵した瞬間、ふっと腕の力を抜く

 

これをぜひお試しください。

 

 

 

 

以上、響く音を出す方法についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 

 

 

只今、当教室では生徒さんを募集しております

 

 

 

春の無料体験レッスン実施中です

 

 

2018年1月22日(月)~3月31日までに体験レッスンを受けていただいた方には

 

 

先着5名様に

 

「ピアノが上達する3つの秘密」をプレゼント!

 

ご希望の日時など、お気軽にお問い合わせください

 

お電話の方は 0184-38-3616

 

メールの方はこちらから、「体験レッスン希望」とご連絡ください。

 

指導者のプロフィールはこちら

 

生徒さんと保護者の声はこちら

 

各コースと料金はこちら

 

 

 

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

よこやま音楽教室

 

秋田県にかほ市金浦字花潟300-3

℡ 0184-38-3616

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: