【アルペジオで弾いてみよう!】   今回はアルペジオで弾いてみます。   アルペジオというのは分散和音のことです。   Cのコードでしたら、ドソミソ ドソミソとか、 ドミソドソミ とか、和音…

前回は和音を全音符で弾いてみました。   今回は和音のリズムを変えてみます。   4分音符を4つ刻んで タンタンタンタンとしてもよいですし、 それが難しい場合は2分音符を2つ ターアン ターアンと伸ば…

【ベースのリズムを変えてみよう】   前回、ベースの音を全音符で弾いてみました。   次の段階は、ベースのリズムを変えてみることです。   リズムを変えただけで クラシック的だったり 8ビー…

コードを弾いたことのない方でも 簡単に弾けるようになる方法をご紹介します。   【コード奏法の基礎② ベースの音だけ弾いてみよう!】   まず、第一段階です。   ベースの音だけ全音符で弾い…

いよいよ合唱の伴奏のコツも10まで来ました。   ここまでお読みいただいた皆様、ありがとうございます。   第10回目は   【歌う人が気分よく歌える秘訣】   です。 &nbsp…

【出だしは一番集中力を使います】   出だしの練習をしましょう。   それは、指揮者がいるつもりで 指揮者の方を見て、始める、それだけのことです。   遠くの指揮者を見てから近くの楽譜を見る…

【歌とピアノが溶け合った演奏にするには】   これは私の考えですが、 歌とピアノが溶け合った演奏をするためには   合唱している人と伴奏の人が同じぐらいのエネルギーを出して演奏する   とい…

【歌とピアノの音量をちょうどいいバランスにするには】   練習の時はピアノと歌の位置が近い場合もありますが 本番の立ち位置は遠いことが多いですよね。   そうすると、歌は遠いのでよく聞こえず 自分が弾…

【本番中ピンチになっても止まらない方法】   練習でうまく弾けていても、 本番で緊張してしまい思うように弾けなくなってしまうことってありますよね。   でも、伴奏が止まってしまっては歌が歌えなくなって…

【一人で練習するときに指揮者を見る練習のしかた】   合唱は指揮者がいますね。   伴奏者も要所要所で指揮者を見る必要があります。   でも、指揮者って意外と遠くにいます。   慣…