本番に強くなる練習法

目安時間:約 4分

普段はなんてことなく弾けるのに、なんで本番で弾けなかったんだろう?という経験はありませんか?

この原因は、「無意識で弾いていること」です。

無意識で弾くところを無くし、全部あえて意識して練習すればだいぶ防ぐことができます。

動画がよい方はこちらからどうぞ♪

 

原因

普段何気なくしていることは無意識であることが多いです。

例えば、階段を降りるとき、右足と左足、どちらから降りていますか?

そんなことを考えずに普段何気なく降りていると思います。

でも、「右足から降りるんだっけ?、それとも左足だっけ?」などと思った瞬間に、足がもつれて転げ落ちそうになったりします。

私が思うに、普段はそんなこと気にも留めないのに、本番で集中力が高まって、普段より注意深くなっていると、

「あれ?ここは何の指で弾くんだったっけ?」と

先ほどの「右足からだっけ?それとも左足だっけ?」ということと同じ状態になり、そんなこと普段考えたこともないので、途端にわからなくなってしまうのではないかと思います。

解決策

では、そんなことにならないための解決策をお伝えします。

それは、普段から意識して練習するということです。

何を意識すればよいのかというと

①指番号と音

何の音を何の指で弾くのか、意識して覚えるようにしましょう。

②鍵盤の位置

ドはドでも、ピアノの真ん中のドなのか、それとも1オクターブ高いドなのか、それとも低いドなのか、など鍵盤の位置をよく覚えましょう。

特に、出だしの位置はしっかりと覚えておくと安心です。

③体の感覚

真ん中より1オクターブ高いドなら、体より右側とか、手首の使い方が上回転とか下回転とか、腕の力の抜け加減や指先への重みのかかり方など、体の感覚も一緒に覚えておくとよいですね。


まとめ

無意識で弾くのは気持ちがよいのですが、本番がある場合は、普段からできるだけ無意識で弾いてしまうことをやめるとよいですね。

私も今度こそ本番でも練習通りに弾けるようにがんばります。

よこやま音楽教室へのお問い合わせの方法は3種類

1、お問合せフォームから↓

お問合せはこちら

24時間受付・365日対応 通常は2営業日中に回答させていただきます。


2、お電話の方はこちら

0184-38-3616(9:00~21:30 土日祝日も対応。お正月・お盆はお休みです)


※留守の場合もありますので、お名前とお電話番号をメッセージ入れてくだされば後ほど折り返しこちらからご連絡させていただきます。


3、LINEでお気軽に(年中無休)


LINE@はじめました♪

友だち追加してくださると1:1トークでお気軽にお問合せ・ご質問をしていただけるようになります(年末年始も可)


ご登録はこちらから↓

友だち追加

または、https://line.me/R/ti/p/%40srv4146nからもご登録いただけます

LINE@ではよこやま音楽教室の情報、イベント情報、ピアノのお役立ち情報をご覧いただけます。

登録してくださった方には、お子様のやる気をアップさせる「声がけの3つのポイント」をプレゼント!

ご登録の上お気軽にご質問ください♪

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: