ピアノのお悩み解決!ピアノを自由に弾けるコード奏法の基礎⑭弾きやすい伴奏形

目安時間:約 3分

【アルペジオの伴奏をつけてみよう】

 

コードはなんとなくわかったけれど

それを具体的にどうやって弾けばよいのかよくわからない

という方のために、

今回から比較的弾きやすい伴奏形を1つずつご紹介していきます。

 

今回ご紹介するのはアルペジオ(分散和音)です。

 

アルペジオは和音の3つの音を同時に弾くのではなく、

バラバラにずらして弾く弾き方です。

 

例えばC(ドミソ)でしたら

ドミソを同時に弾くのではなく、

ドソミソ ドソミソとか

ドミソミ ドミソミなどというように弾きます。

 

アルペジオにも色々ありますので、ひとつずつお伝えします。

 

今回お伝えするのは

ドミソミドミソミです。

 

実演してみました。

 

 

 

いかがでしたか?

 

今回はわかりやすくするために

CとGのコードだけを主に使ってみました。

 

次回はアルペジオの別のパターンをお伝えします。

 

以上、弾きやすい伴奏形アルペジオその1について

お伝えしました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

コードの基礎や伴奏づけについて

もっと知りたい方は個人レッスンも承ります。

 

ご遠方の方はスマホやPCでオンラインレッスンもできます。

お試しもできますので、

こちらからお気軽にお問い合わせください。

 

 

音楽で人生にわくわくを♪

 

秋田県にかほ市金浦

よこやま音楽教室

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: